オールドパインテーブルの幕板加工 | basement


オールドパインテーブルの幕板加工

世田谷区にお住まいのI様が、ウィンドウ越しに一目惚れされた飴色のオールドパインテーブルの難点は、

高さが795mmもあること。

お手持ちの椅子に合わせて脚を40mmカットすると、今度は座った時に脚が窮屈になってしまう…

ということで、長手・妻手の幕板 x 四方に30mmの欠き込みを入れることにしました。

アールの形状は「立ち上がり」の角度が急だとハンドメイド感が強調されてしまうので、アンティーク

家具のアーカイブをもとになるべく緩やかな曲線をご提案。

欠き込みが立ち上がる箇所はI様とご相談して脚との接合部から60mm「逃げた」ところからスタート

することにしました。

とても古いテーブルなので幕板に若干の反りや捻じれがあり、電動工具は使えないため、すべて手加工。

直線部分は縦引きのノコギリで慎重にカット。アール部分は(髪を梳く)櫛状にノコ目を入れ、ノミと

カンナで仕上げました。

ちょうどアール部分に節や古い傷があり、思ったよりも時間がかかってしまいましたが、お届けした際に

開口一番「まるで最初から欠き込みがあったよう」と、とても気に入っていただきました。

幕板に欠き込みを入れることにより、実用的になっただけでなく、すっきりとした動きのある

ラインが強調され、モダンな空間にもマッチするテーブルに生まれ変わりました。

リネンバードではお客様のニーズに合わせたリメイクを承っています。遠慮なくスタッフにご相談ください!

 

リネンバード二子玉川

東京都世田谷区玉川3-12-11

TEL 03 5797 5517