Object | basement


蚤の市

flea-DSC_0537

ベースメントでは8月16日(日)まで「蚤の市」を開催中です。リネンバードが大切に保管していた

ヴィンテージのカトラリーや食器を展開しています。

画像には写っていませんがグスタフスベリのBOROやゲフレのVARIANTなども追加しました。

ぜひ蚤の市の雰囲気を楽しみにご来店ください。お待ちしています。

 

flea-DSC_0591

 

flea-DSC_0539

リネンバード ベースメント

営業時間:月火木金 13:00 – 19:00

土日  10:30 – 19:00

水     CLOSED

東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F

TEL 03 5797 5517

プルダウンマップ

Map-DSC_0488

map-DSC_0517

今回はドイツのゲオルク・ウェスターマン社が1960年代に製作した壁掛け地を紹介します。サイズは2325mm

x 1900mmと迫力のサイズ!2タイプ入荷しました。

大学の講義で使われていたもので、上の画像はヘレニズム時代の勢力図、下はアフリカ赤道地域南部のフランス

領土をそれぞれあらわしたもの。

 

サイズがサイズだけに、掛けられる場所は住宅だとメゾネットの吹き抜けなどに限定されるかもしれませんが、

オフィスのコラボレーションスペースやシェアハウスの共用部にディスプレイしたらガラッと雰囲気が変わる

のでは?

MapMap-DSC_0587

Vintage Pull Down Map made by Georg Westermann  W2325 H1900

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

古物で時計を作るWORKSHOP

chikuniWS

12月4日にベースメントでchikuniさんによる壁掛け時計のワークショップを開催します。

Chikuniさんが探してきた、風合いや表情、大きさが異なる古いアルミのお皿にリベットを文字盤に打ったり、

お好みの色の針を選んで取り付けて、一点もののオリジナルを作りましょう。

 

詳細はこちら

 

chikuni-DSC_1340

※上の画像の台座はchikuniさんが展示販売のためにつくったものです。ワークショップで作るのは本体のみ

となります。

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

 

カトラリーと絵皿

spoon-DSC_0085

Mappin & Webbのスプーンをはじめ人気のカトラリーがたくさん入荷しました。

一点もの、セットのもの、ボックスに入ったナーサリースプーン&プレートスクレーパー、などバリエーション

も豊富です。

ワイド2.3メートルのテーブルにディスプレイしました!

spoon-DSC_0995

壁には古い額縁にあわぜて絵皿もディスプレイしています。

画像右上が19世紀を代表するフランスの窯HB&Cieのもの。フランスの憲兵のストーリーが丁寧に描かれています。

中央のネイビーのペイントの絵皿は、現在でもベルギーを代表する陶磁器ブランド「Royal BOCH」の前身となった

BOCH FRERES。ナンバーリングされたシリーズものです。

エンベロープオンラインショップからでもお買い求めいただけます)

spoon-DSC_0075

ベースメントでは、家具だけでなくアンティークやヴィンテージの小物も多数そろえています。

ぜひお立ち寄りください!

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

 

アールデコ ドアハンドル

door-DSC_0713

アールデコのアルミハンドルがペアで3組入荷しました。ワイド600mmと大振りなサイズから察するに、学校

の校舎や銀行、百貨店のエントランスで使われていたのでしょう。アールデコのキーワードである「合理性」

「幾何学」「無機質」「簡潔」「クール」をそのまま具現化したようなデザインが魅力です。

今回の撮影ではオーク材のアンティークドアを使用。アルミの軽妙な質感とオークの力強い木目のコントラスト

を演出しました。

あくまで私見ですが、パインやペイントのドアよりも、マホガニーやチェリー、チークなど広葉樹の木理と

マッチさせたほうがこのハンドルの良さが生きると思います。

door-DSC_0667

アイアンよりもあたたかみがあり、真鍮やピューターよりも軽やかなイメージ… 使うほどに表情が豊かになり、

雰囲気が増すアルミの歴史を紐解いてみると、150年前までは珍しい金属とみなされ、金よりも高額だった

そうです。

フランスの小説家Jules Verneは「この貴重な金属は、銀の白さ、金の変質しにくさ、鉄の引張り強さ、銅の

可融性、ガラスの軽さを兼ね備えている。また、鋳造が容易で、広範に分布しており、さまざまな岩石の主成分

となっている」と自身の著書で記述しています。

1960年代初めには銅をしのぎ、世界で最も広く用いられる非鉄金属になりましたが、このハンドルが誕生した

時代にはエポックメイキングなハードウェアとしてさぞ話題になったことでしょう。

door-DSC_0790

Pair of Art Deco Door Handles

W600 D70 H70

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

 

ヴィンテージポスター

poster#1

学校の教材として使われていたポスターがフランスから届きました。

両面ともプリントされているリバーシブルタイプ(?)です。

poster#11

6枚入荷したのですが、どれも色鮮やか。

デフォルメされたラインとシンプルな構図はさながらポップアートのようです。

額装してラフに壁に立てかけるだけでもお部屋の粋なアクセントになるのではないでしょうか。

poster#15

poster#16

イラストは緻密なドローイングで有名なJ. Anscombreによるもの。

1950~60年代にMaison Des Instituteurs社が製作しました。

poster#8

たとえばテーブルやチェアを変えても、お部屋の雰囲気はそんなに変わりませんが、ポスターを貼ったり

アート作品を壁に掛けたりするとガラッとお部屋の印象が変わります。

快適さを求める場合はあてはまりませんが、効率的な変化を望んでいる方は、水平面(テーブル、チェアetc)

ではなく、垂直面(棚の取り付けなど壁のデコレーション、パーテーションetc)の模様替えをお勧めします。

ぜひ、お試しあれ。

poster#6

poster#2

poster#10

エンベロープオンラインショップで両面のイラストがご覧いただけます。

 

 

アングルポイズ

pois1

自分が望む場所に光を当てることはデスクランプにとってあたりまえの機能ですが、それまで台座と光源を

一本の支柱でつなげるだけだった構造に、コイル状のスプリングを使い、2本のアームをL字型につないだ

のはアングルポイズが初めてでした。

思い通りの光のポジションをキープできて、人間の腕のように自在に曲がり、意図した位置に確実に止まる、

この画期的なデザインを有したランプは数々の改良をかさね、工場や病院、図書館に普及。そのシンプルな

構造と扱いやすさ、優れた実用性とデザインで、家庭用としても急速にポピュラリティを得ました。

 

今日、紹介するのはデスクライトのアイコン的存在であるアングルポイズのModel 75とApex 90です。

まずはModel 75。

pois5

pois6

pois4

pois3

pois7

Model 75は1209、1227に続く3代目のモデル。アームの付根にあるエンボスのロゴが特徴です。

生産年数が短かったため、他に比べて数が少なく、特にベージュカラーはこのモデル以前にしか

存在しないため希少で人気があります。

修理しやすいロッカスイッチが採用されています。

 

続いてApex 90。

pois9

pois8

pois10

pois11

Model 75の次に登場したのがApex90。アングルポイズを代表する、一番有名なモデルです。

パーツを少なくしたことにより、価格がリーズナブルになりイギリスで爆発的に売れました。

Model75は大きく前期系と後期系に分かれます。

後期系は接続部分が黒い樹脂で覆われコードが収納されていますが、こちらはプラスティック使用部分

が少ない前期の型。

スイッチはプッシュスイッチに変更されています。

 

エンベロープオンラインショップでもご購入いただけます。

こちらからご覧ください。

 

 

Brillié インダストリアルクロック

brillie#4

鉄道や学校など公共機関向けの時計で有名なフランスBrillié社は1898年に創業しました。

今日紹介するウォールクロックは1940~50年代のもの。

サイズから察するに学校か工場で使われていたものでしょうか。

インダストリアルならではのアノニマスで 飾らず 飽きのこないデザインが魅力です。

brillie#1

サイズは直径が320mm、厚みは90mm、と掛け時計にしては大きめのサイズ。

試しにスタジオの壁に掛けてみたのですが、思ったよりも大きさを感じませんでした。

ボディのベージュカラーと、文字盤まわりの 薄くてアール仕上げになっているリム部分に起因

しているのかもしれません。

brillie#6

針はもちろんオリジナル。

ムーブメントは国内で交換しました。フルレストア済みです。

brillie#14

Brillié Industrial Clock Φ320mm t=90mm

 

エンベロープオンラインショップでもご購入いただけます。

こちらからご覧ください。