8月 | 2014 | basement


オールドパインデスク

#7DSC_0668

今日紹介するのはオーソドックスなイギリスのオールドパインデスク。

ベースメントの奥にあるスペース、光庭の前で撮ってみました。

#17DSC_0764

#14DSC_0729

デスクにしては少し小ぶりだけど、オケージョナルテーブルにしては若干大きすぎる、かな。

でも、だからこそ使い道がいろいろと選べる万能型のデスクです。

ノートPCやミシンを置いたり、キッチンやダイニングテーブルの補助用として…

「オケージョナル」の意味通り、臨機応変に、場所に応じて、さまざまな用途に使えます。

#12DSC_0705

Old Pine Desk W915 D570 H740

 

エンベロープオンラインショップでもご購入いただけます。

こちらからご覧ください。

 

 

Charleston: A Bloomsbury House and Gardens 

#2-DSC_0464

Bloomsburyと呼ばれるアーティスト集団の拠点となったファームハウス、Charleston

アーティストが滞在中に描いたポスト印象派スタイルの絵画が施された家具やドア、壁。

ページを繰るたびに時代やスタイルを超えた、インテリアの本来あるべき楽しさや喜びを感じます。

#18-DSC_0475

#16-DSC_0478

#15-DSC_0483

#8-DSC_0502

#11-DSC_0490

#16-DSC_0479

#7-DSC_0504

#6-DSC_0507

#4-DSC_0510

http://www.amazon.co.uk/Charleston-A-Bloomsbury-House-Gardens/dp/071122370X

 

 

ヴィンテージポスター

poster#1

学校の教材として使われていたポスターがフランスから届きました。

両面ともプリントされているリバーシブルタイプ(?)です。

poster#11

6枚入荷したのですが、どれも色鮮やか。

デフォルメされたラインとシンプルな構図はさながらポップアートのようです。

額装してラフに壁に立てかけるだけでもお部屋の粋なアクセントになるのではないでしょうか。

poster#15

poster#16

イラストは緻密なドローイングで有名なJ. Anscombreによるもの。

1950~60年代にMaison Des Instituteurs社が製作しました。

poster#8

たとえばテーブルやチェアを変えても、お部屋の雰囲気はそんなに変わりませんが、ポスターを貼ったり

アート作品を壁に掛けたりするとガラッとお部屋の印象が変わります。

快適さを求める場合はあてはまりませんが、効率的な変化を望んでいる方は、水平面(テーブル、チェアetc)

ではなく、垂直面(棚の取り付けなど壁のデコレーション、パーテーションetc)の模様替えをお勧めします。

ぜひ、お試しあれ。

poster#6

poster#2

poster#10

エンベロープオンラインショップで両面のイラストがご覧いただけます。

 

 

アングルポイズ

pois1

自分が望む場所に光を当てることはデスクランプにとってあたりまえの機能ですが、それまで台座と光源を

一本の支柱でつなげるだけだった構造に、コイル状のスプリングを使い、2本のアームをL字型につないだ

のはアングルポイズが初めてでした。

思い通りの光のポジションをキープできて、人間の腕のように自在に曲がり、意図した位置に確実に止まる、

この画期的なデザインを有したランプは数々の改良をかさね、工場や病院、図書館に普及。そのシンプルな

構造と扱いやすさ、優れた実用性とデザインで、家庭用としても急速にポピュラリティを得ました。

 

今日、紹介するのはデスクライトのアイコン的存在であるアングルポイズのModel 75とApex 90です。

まずはModel 75。

pois5

pois6

pois4

pois3

pois7

Model 75は1209、1227に続く3代目のモデル。アームの付根にあるエンボスのロゴが特徴です。

生産年数が短かったため、他に比べて数が少なく、特にベージュカラーはこのモデル以前にしか

存在しないため希少で人気があります。

修理しやすいロッカスイッチが採用されています。

 

続いてApex 90。

pois9

pois8

pois10

pois11

Model 75の次に登場したのがApex90。アングルポイズを代表する、一番有名なモデルです。

パーツを少なくしたことにより、価格がリーズナブルになりイギリスで爆発的に売れました。

Model75は大きく前期系と後期系に分かれます。

後期系は接続部分が黒い樹脂で覆われコードが収納されていますが、こちらはプラスティック使用部分

が少ない前期の型。

スイッチはプッシュスイッチに変更されています。

 

エンベロープオンラインショップでもご購入いただけます。

こちらからご覧ください。

 

 

ガーデンベンチ

bench#77

アンティークのガーデンベンチ、というとすぐに連想するのがデコラティヴな意匠の脚が特徴のヴィクトリアン

タイプか、もしくは折りたたみ式の簡素なもの。

今回紹介する、シンプルでデザイン性の高いベンチを思い浮かべる人はそんなに多くはないと思います。

bench#22

「WATERFORD」と刻印された脚には、床(もしくは地面)に固定するための加工がされているので、

公園などの公共施設で使われていたのでしょう。

緩やかにカーブするアームが実にフォトジェニックです。

bench#33

シート部の材質は豪華客船や高級家具に使われる銘木として有名なチーク。

堅く強靭で耐久性があり、天然の脂分を多く含んでいるため水にも強い、マホガニーと並ぶ優良高級材です。

bench#66

テラスやバルコニーはもちろん、テーブルに合わせてカジュアルなダイニングルームの演出にいかがでしょう。

後ろからみたフォルムもきれいなので広いスペースを仕切る際のパーテーションの代用としても有効です。

ワンルームにお住まいの方の場合、食事、勉強、くつろぎの時間、といろいろな用途をこのベンチに集約させて

「生活のプラットホーム」として使ってみるのもいいかもしれません。

bench#55

Garden Bench W1410 D560 H810 SH410

 

エンベロープオンラインショップでもご購入いただけます。

こちらからご覧ください。