basement


フレンチペイントカウンター

COUNTER-DSC_0324

 

ショップ向けの店舗什器として既にエンベロープオンラインショップで紹介しているカウンターですが、

一般住宅のキッチンにも合うサイズ感が魅力です。

 

counter-DSC_0353

正面、裏、左右どの面も仕上がっているのでレイアウトが自在。キッチンとダイニングの間仕切りとしてだけで

はなく、スツールを合わせて軽く食事をしたり、コーヒーやおやつを食べたり、と家族が集う場として活躍して

くれそう。

counter-DSC_0381

二人暮らしや単身でお住まいの方は、調理作業と食事の両方を兼ねたダイニングカウンターとして使用すれば

スペースを有効に活用できるかもしれませんね。

counter-DSC_0334

French Paint Counter W1750 D620 H940

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

アーコールチェアのイベント

tlb-DSC_1051

先週から始まったアーコールのイベントでは3種類のチェアを揃えています。

 

12脚入荷したModel 391(上の画像)は3本の格子が座面ではなくその下をはしる後脚のつなぎに接合した

オリジナリティ溢れるデザイン。コンパクトなスケールなので取り回しも楽で人気のチェアです。

 

againTLB-DSC_1095-retouch

イギリスでフルレストア済みのModel 737は座面だけでなく笠木にもきれいに表れたニレの木目がポイント。

2脚入荷しました。

 

下の画像はModel 449。大きな座面と身体を包み込むように曲がった笠木が特徴で、長く座っても疲れません。

こちらは4脚揃えています。

 

retouch-tlb-DSC_1191

 

イベントは4月12日(日)まで上記のアーコールチェアを10%オフにて提案しています。

 

すべてベースメントに展示していますのでご来店いただければ座り比べができます。この機会にぜひ

アーコールチェアの魅力を体感してください!

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

■ イベントのお知らせ ■ 

ercol-DSC_0906tone-curve

【アーコールチェアをかたわらに】

 

気に入ったものは いつのまにか暮らしにとけこみ

それでいて いつも その気配を感じる

そんな安心感を与えてくれる アーコールチェア

 

change

 

ベースメントでは3月27日(金)から4月12日(日)の16日間、入荷したばかりのヴィンテージのアーコール

チェアを10%offにてご提案します。

期間中はエンベロープオンラインショップでも10%offにてご紹介します。

 

ercol-DSC_0797

※数に限りがあります。ご了承ください。

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

サインボードのオーダー承ります

Sign-DSC_0674

このたび依頼を受けてカフェのサインボードを製作しました

いただいたリクエストは、「フレームに入ったA2のメニューが縦に2枚置けるようにすること」と「ランチと

ディナーのメニューを入れ替えるので額を取り外しやすくすること」。

基本的な構造はベースメントのサインボードと同じにして、こぼれ止めがついた桟を渡し、その間にフレーム

を差し入れるようにしました。

下の画像ではスケール感をわかっていただけるように便宜的にアナログLPのジャケットを置いています。

Sign-DSC_0668

ベースメントではご要望に応じたサイズ、デザイン、カラーでサインボードを製作します。

ご希望のサインでステンシルを施したり、カッティングシートを貼ることも可能です。

お気軽にご相談ください!

Sign-DSC_0647

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

ショップフィッティング

ercol3

チェアとテーブルの納品に大阪まで行ってきました!

お届け先のカフェのオープンはまだ少し先なのでひとまず倉庫に搬入。

最終チェックとメンテナンスのためスペースを借り、50脚分、無心にワックスをかけてきました。

ベースメントではショップ向けの店舗什器を多数扱っています。ほんの一部ですがこちらにアップしていますので

是非ご覧ください。

また、雑誌・カタログ・コマーシャルの撮影やモデルルームのディスプレイ向けのリースも承っています。

お気軽にご相談ください。

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

ビストロテーブル

Maho-DSC_0645

maho-DSC_0658

maho-DSC_0660

ベースメントには今、ビストロテーブルが2台揃っています。上の画像はマホガニーカラーフィニッシュのベント

ウッドタイプ。オーク材でできた下のビストロテーブルは3枚接ぎの天板が特徴です。

アルファベットのTを逆さにした脚の形状は、修道院・大学の食堂用の食卓、という意のレフェクトリーテーブル

に顕著なスタイルです。脚が4本あるテーブルは脚間の内寸によっておのずと椅子が収まる数が決まってしまい

ますが、使う人や来店者の数がその都度変わる食堂やビストロでは、コーナーにも席を設けることができるので

便利ですよね。

ティーテーブルやワークデスクとしてお勧めのサイズ感。コンソールとしても使えそう!

bistro-DSC_0091

bistro-DSC_0121

Bentwood Bistro Table W950 D435 H760

Oak Bistro Table W990 D470 H745

 

リネンバード二子玉川店と北浜店では2月20日から3月15日まで「インテリア&カーテンオーダーフェア」を開催

しています。カーテンのほかに、フロアクッションやブランケットなど生地代10%OFFでオーダーを承ります。

ベースメントではヴィンテージ家具を10% OFFで販売いたします。(←一部除外品あり)

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

プルダウンマップ

Map-DSC_0488

map-DSC_0517

今回はドイツのゲオルク・ウェスターマン社が1960年代に製作した壁掛け地を紹介します。サイズは2325mm

x 1900mmと迫力のサイズ!2タイプ入荷しました。

大学の講義で使われていたもので、上の画像はヘレニズム時代の勢力図、下はアフリカ赤道地域南部のフランス

領土をそれぞれあらわしたもの。

 

サイズがサイズだけに、掛けられる場所は住宅だとメゾネットの吹き抜けなどに限定されるかもしれませんが、

オフィスのコラボレーションスペースやシェアハウスの共用部にディスプレイしたらガラッと雰囲気が変わる

のでは?

MapMap-DSC_0587

Vintage Pull Down Map made by Georg Westermann  W2325 H1900

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

コートフック

hook-DSC_0435

存在感はあるけど、どんなスタイルにも相性の良いアールデコ・コートフックがフランスから14個届きました!

下の画像に写っているフックはベルギーのインテリア雑貨メーカーCHEHOMAのもの。人気のナンバーシリーズ

など各種取り揃えています。

ディスプレイに使っているインダストリルトローリーも新入荷の商品ですよ!

hook-DSC_0391

なお、今月末にはコンテナが入荷予定。アイアンベッドやアーコールチェアなどが店頭に並びます。お楽しみに!

hook-DSC_0387

 

Industrial Display Trolley W1210 D455 H1630

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

看板

Sign-DSC_0205

仕事のあいまを見てコツコツとハンドメイドでベースメントの看板を作りました!

小さな、小さなランドマークですが、このブログで気になる商品をみつけたら

この看板をめざしてベースメントにお越しください!!

blog Sign-DSC_0197

ベースメントでは特注家具の製作、アンティークの修理やペイントなどのご相談を承ります。

遠慮なくお声掛けください。

blog sign-DSC_0286

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

トレスル

horse-DSC_0156

板を載せて作業台や足場にする架台のことをSaw Horseと呼びますが、もともとは名前の通り木挽き台として

発案されたもの。日本でもウマと呼ばれています。

今日紹介するのは同じウマでも上端がフラットではなく高さもあるタイプなので、足場の構脚用に限定された

Trestle(”A” Frame Trestle, Paint Trestle, Saw Trestleなど)と呼ぶのが正解かもしれません。

horse-DSC_0148

車寄せがある大きな邸宅のガレージや、天井が高い画家のアトリエに置いてありそうな、雰囲気のある佇まい。

ヘビーデューティなヒンジが迫力満点です。

先日ベースメントのディスプレイ替えの際にちょっとした工房スペースを奥に設けたので、そこで作業用に

使ってしまおうかと、秘かに企んでいます!

horse-DSC_0145

Saw Trestle W670 H1220 D140-600

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517