“ゆっくりと流れる季節を思いながら一針一針を刺すことは、
わたしにとってとても愉しく胸踊る時間であり、
豊かな自然の恵みに感謝の気持ちを込めることでもあります”
(樋口愉美子のステッチ12か月より)


刺繍作家 樋口愉美子さんの著書“樋口愉美子のステッチ12か月”に掲載された作品群を リネンバードで展示します。
巡る季節の移ろいを“12か月”というテーマで表現されています。
植物は健やかに、動物は愛くるしく、のびのびとほどこされた刺繍はエネルギーに満ち、 そこからは、手作業の楽しさや安らぎを感じ取ることができます。

今回このイベントのために、樋口愉美子さんに、刺繍入りのがま口を製作していただきました。 こちらは二子玉川店、北浜店の店頭のみで販売いたします。
(お1人様1点限り、なくなり次第終了です) また、リネンバードの生地で作ったトートバッグやクッションと刺繍糸をセットにした材料セットや、 仕立てた刺繍をアートのように壁に飾れる木製パネル、生地セットなど、たくさんご用意いたします。

- 北浜店からのお知らせ -

樋口愉美子さんのがま口販売は20個限定です。
先着順につきなくなり次第終了致します。
ビルのオープンは8時です。それよりもお早くお越しの方は
北浜プラザ南側のリネンバードの入口前にお並びください。
お店は10時30分~オープン致します。

樋口愉美子さん

1975年生れ。多摩美術大学卒業後、ハンドメードバッグデザイナーとして活動。
ショップでの作品販売や作品展を行なった後、2008年より刺繍作家としての活動を開始する。
植物や昆虫など生物をモチーフにしたオリジナル刺繍を製作発表している。
主な著書に『1色刺繍と小さな雑貨』『2色で楽しむ刺繍生活』。

http://yumikohiguchi.com/