刺しゅう作家 佐藤ちひろ― 『リネンで愉しむデンマークの刺しゅう』 ―

刺しゅう作家 佐藤ちひろ
― 『リネンで愉しむデンマークの刺しゅう』 ―

リネンバード ハバーダッシェリー
2017年12月18日(月)~28日(木)

布の織糸を数えながら刺しゅうするカウントワークは、デンマークの白糸刺しゅう「ヘデボー」の技法の一つです。
伝統的な星の模様を連続で刺して額に入れて飾ったり、一つだけをピンクッションに仕立てたり、楽しみ方はいろいろ。
それらの作品例と共にNHK「すてきにハンドメイド」10月号に掲載された巾着バッグとチャームも展示します。

期間中は佐藤ちひろさんがセレクトしたカウンティングリネンと刺しゅう糸を数量限定で販売します。

リネンバードハバーダッシェリーではワークショップも開催いたします。
この機会に是非ご参加ください。

佐藤ちひろ
「長くつ下のピッピ」の作者アストリッド・リンドグレーンに影響を受けて幼い頃から北欧にあこがれを抱く。
デンマークのスカルス手工芸学校に留学し、帰国後、作家として活動を開始。
現在は刺しゅうと小箱作りの教室「アトリエ・エスカ」を主宰しTVや雑誌、展覧会などで作品を発表。
「ちいさな刺しゅう」「ちいさな刺しゅうの箱」「アルファベット刺しゅう」(NHK出版)
「STITCH LESSON」(文化出版局)などの著作がある。

アトリエ・エスカ
http://aesker.com/