basement


アーコールのチェアとテーブル

xmas-DSC_1529

シンプルなデザインを無垢材で表現したアーコールのチェアやテーブルは、数あるモダンな家具の中でも経年を

楽しめる数少ないコレクション、といえるのではないでしょうか。経年を楽しめる、ということは言い換えれば、

長く使える、ということ。これって家具にとって大切なことですよね。

不具合が出たときに簡単に修理できる、というのが長く使える理由でもあります。アーコールの家具は脚の結合

部など重要な個所に鉄を使用していないので、解体した後に付着した糊を熱を加えて取り除き、のこぎり、かん

な、のみなどの手工具と、基礎的な木工技術を用いて修理することができます。

 

そして、シンプルなデザインなのに、なぜアーコールの家具は表情豊かなのか?

モダンな家具は装飾がない分、アクセントとして繊維強化プラスチックやアルミなどの異素材を使うことがありま

すが、あくまで無垢材(=長く使えること)にこだわるアーコールは無個性で画一的な印象が強くならないように

天板や座など、一番目を惹く部材にニレ材を用いています。

ニレ(楡)は江戸指物でも使われる、実に表情豊かな木目が特徴。もしも天板や座も他と同じブナ材を使っていた

ら、アーコールの家具が持つ立体的で動きのあるテクスチャーは生まれなかったのではないでしょうか。

 

もはやトレンドではなく、スタンダードの風格がただよう、そんなアーコールの家具から今回紹介するのはチェア

と小テーブル。

スタッキングチェアはダイニングチェアサイズとダブルバーのチャイルドチェアが入荷しました。

下の画像の小ぶりなテーブルは2シーターだったらコーヒーテーブルとして、3シーターだったらソファエ

テーブルに最適なサイズ。

是非ベースメントで、作り手のこだわりが結晶となったアーコールの家具を体感してください!

 

xmas-DSC_1441

Ercol Stacking Chair W430 D490 H740 SH420

Ercol Stacking Child Chair W370 D370 H580 SH310

Ercol Coffee Table W680 D420 H440

 

エンベロープオンラインショップでもご購入いただけます。

こちらからご覧ください。

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

古物で時計を作るWORKSHOP

chikuniWS

12月4日にベースメントでchikuniさんによる壁掛け時計のワークショップを開催します。

Chikuniさんが探してきた、風合いや表情、大きさが異なる古いアルミのお皿にリベットを文字盤に打ったり、

お好みの色の針を選んで取り付けて、一点もののオリジナルを作りましょう。

 

詳細はこちら

 

chikuni-DSC_1340

※上の画像の台座はchikuniさんが展示販売のためにつくったものです。ワークショップで作るのは本体のみ

となります。

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

 

ハイスツール

stool-DSC_1125

「スツール」は辞書で引くと「ひじかけ、背がない腰掛の意」とあります。

背もたれのある「椅子」と違い、座はフラットで「ざぐり」がなく、脚が地面に着かないので座り心地・

フィット感は比べるまでもありません。

vib-DSC_1175

 

そのぶん身体は自由に動かせて常に最適なポジションを確保、維持できるのでキッチンやワークスペースで

重宝しますね。

腰掛としてだけではなく、踏み台や花台にも使えるので、家具、というよりは「道具」に近いのかもしれません。

手足が自由に動く、という点では楽器演奏にもピッタリ。音楽好きな皆さんにもお勧めです!!

 

guitar-DSC_1160

Dark Brown Bar Stool W410 D400 H750(2脚在庫あり)

Light Brown Wooden Stool W420 D405 H760

 

エンベロープオンラインショップでもご購入いただけます。

こちらからご覧ください。

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

 

ワークテーブル

table-DSC_0232

今日紹介するライトグリーンにペイントされたワークテーブルは、両サイドで仕様が異なっています。

一方は高さ500mmのレベルでスペースが上下に分かれているタイプ。

反対側はパイン材の木目を活かした棚が脚のつなぎの高さに設けてあり、筋かいが構造材としてだけでなく

視覚的にもアクセントになっています。

back-DSC_0242

もう一つのアクセントは天板に貼られた2mm厚のベークライト。

ベークライトは、1909年に工業化したといわれる最も古い人工プラスティックで、同じプラスティックでも

いわゆるポリエチレン系の汎用プラスティックにはないあたたかみと独特のぬくもりがあります。

天板にベークライトを用いる意匠はアールデコ期の家具に良く見受けられますね。

アンティークのワークテーブルは天板が木製だと水や熱に弱いので使い勝手が悪いことがありますが、

ベークライトは耐熱性、耐水性にすぐれているのでキッチンでも風合いを楽しみながら使用できます。

表面がなめらかなので洋裁などのハンドクラフトにも向いているのでは?

ベースメントでは写真の通り販売用の多肉種やガーデニングのディスプレイに使っています!

detail-DSC_0291

Paint Work Table W1825 D665 H820

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

 

フレンチチャイルドチェア

frch-DSC_0813

フランスから学校で使われていたチャイルドチェアが届きました。

子供用の家具は成長とともに使えなくなることが多いですが、チャイルドチェアが人気なのは子供用の椅子

としての役割を終えた後も、プラントスタンドや玄関で靴を履く時の腰掛など、さまざまな用途に使えるから

ではないでしょうか。

時の経過とともにどんな記憶が生み出されていくのか、使う前から期待が膨らむ、そんなアイテムです。

frch-DSC_0809

French Child Chair W360 D370 H570 SH305

 

エンベロープオンラインショップでもご購入いただけます。

こちらからご覧ください。

 

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

 

カトラリーと絵皿

spoon-DSC_0085

Mappin & Webbのスプーンをはじめ人気のカトラリーがたくさん入荷しました。

一点もの、セットのもの、ボックスに入ったナーサリースプーン&プレートスクレーパー、などバリエーション

も豊富です。

ワイド2.3メートルのテーブルにディスプレイしました!

spoon-DSC_0995

壁には古い額縁にあわぜて絵皿もディスプレイしています。

画像右上が19世紀を代表するフランスの窯HB&Cieのもの。フランスの憲兵のストーリーが丁寧に描かれています。

中央のネイビーのペイントの絵皿は、現在でもベルギーを代表する陶磁器ブランド「Royal BOCH」の前身となった

BOCH FRERES。ナンバーリングされたシリーズものです。

エンベロープオンラインショップからでもお買い求めいただけます)

spoon-DSC_0075

ベースメントでは、家具だけでなくアンティークやヴィンテージの小物も多数そろえています。

ぜひお立ち寄りください!

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

 

アールデコ ドアハンドル

door-DSC_0713

アールデコのアルミハンドルがペアで3組入荷しました。ワイド600mmと大振りなサイズから察するに、学校

の校舎や銀行、百貨店のエントランスで使われていたのでしょう。アールデコのキーワードである「合理性」

「幾何学」「無機質」「簡潔」「クール」をそのまま具現化したようなデザインが魅力です。

今回の撮影ではオーク材のアンティークドアを使用。アルミの軽妙な質感とオークの力強い木目のコントラスト

を演出しました。

あくまで私見ですが、パインやペイントのドアよりも、マホガニーやチェリー、チークなど広葉樹の木理と

マッチさせたほうがこのハンドルの良さが生きると思います。

door-DSC_0667

アイアンよりもあたたかみがあり、真鍮やピューターよりも軽やかなイメージ… 使うほどに表情が豊かになり、

雰囲気が増すアルミの歴史を紐解いてみると、150年前までは珍しい金属とみなされ、金よりも高額だった

そうです。

フランスの小説家Jules Verneは「この貴重な金属は、銀の白さ、金の変質しにくさ、鉄の引張り強さ、銅の

可融性、ガラスの軽さを兼ね備えている。また、鋳造が容易で、広範に分布しており、さまざまな岩石の主成分

となっている」と自身の著書で記述しています。

1960年代初めには銅をしのぎ、世界で最も広く用いられる非鉄金属になりましたが、このハンドルが誕生した

時代にはエポックメイキングなハードウェアとしてさぞ話題になったことでしょう。

door-DSC_0790

Pair of Art Deco Door Handles

W600 D70 H70

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

 

リネンカップボード

cup-DSC_0207

 

今日紹介するリネンカップボードはリネンプレス(Linen Press)と呼ばれることもある伝統的な家具。ベッド

シーツやテーブルクロスや洋服などの布地を収納するためにヨーロッパでは17世紀から作られていました。

高さは1910mm、幅は930mmと大振りですが、奥行寸法は330mmと少ないので狭小スペースに設置しても

圧迫感を感じさせません。

棚板は5枚。棚の高さ調整はできませんが取りはずせるので思い思いの収納が可能。

扉を閉めたら中が見えないのでリネンを収納するのに向いていますが、お皿やグラス、食品類もちょうど

よく収まるので実用的。

キッチンやリビングエリア、ワークスペースでも活躍してくれそうですね。

cup-DSC_0317

World of Interiors誌5月号で参考になるオールドパインのコーディネートを見つけました。

オールドパイン=カントリー、という概念を覆す好例。

このリネンカップボードもシンプルでモダンな空間でひときわ映えそうです。

world-DSC_0350

Linen Cupboard

W930 D330 H1910

 

エンベロープオンラインショップでもご購入いただけます。

こちらからご覧ください。

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

 

新入荷商品のご紹介

先日新しい家具が50アイテム以上届きました。早速、店頭に並んだ商品から紹介します!

 

table!-DSC_0118

オールドパインテーブル

W1220 D810 H750

ブラックにペイントされた幕板がひときわ目にひくテーブル。使い勝手の良いW1200サイズです。

 

corner-DSC_0070

コーナーデスク

W880 D870 H780

上質なオーク無垢材で作られたスツールとセットのレザートップデスク。

 

desk-DSC_1173

オークデスク

W990 D470 H745

随所に施されたデリケートなカーヴィングがアクセントのオケージョナルデスク。

 

drawer-DSC_0188

キャビネットドロアー

W930 D405 H1075

内部は右がオープンスペース、左に引出が6杯、と使い方は自在。

 

ercol-DSC_0013

アーコールベンチ

W870 D370 H550 SH450

最近あまり見かけなくなったテレフォンベンチ。玄関ホールにも合いそう。

 

linen#-DSC_1170

リネンカップボード

W930 D330 H1910

一見ワードローブのようですが 中は棚が5枚付いたリネン収納用のカップボードです。

 

chect-DSC_0133

マホガニーチェスト

W960 D510 H980

ボリュームのあるサイズで収納力のあるヴィクトリアンチェスト。

 

これから追って各アイテムをこのブログやエンベロープオンラインショップで詳しく紹介していきますが、

不明な点などありましたらお気軽にお問合せください。

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休
東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F
TEL 03-5797-5517

 

 

ファロー&ボール

farrow#5

farrow#4

1930年代、英国ドーセットでジョン・ファローとリチャード・ボールにより設立されたファロー&ボール社。

ファロー&ボールのペイントは、昔から続く伝統的な手法だけを使って英国で唯一自社工場での生産を続けて

います。

farrow#6

最高級の天然素材を独自に配合。きめの細かい天然顔料を他社に比べて3~4割ほど多く使用しており、塗布面は

受ける光の反射を吸収して、奥行きのある、落ち着いた、やわらかい表情を演出します。

また、塗膜の表面が多孔質なため通気性、吸放湿性が損なわれず、耐久性も優れています。

farrow#3

ファロー&ボールのペイントは日本の基準よりはるかに厳しい英国基準をクリア。揮発性有害化合物(VOC)が

ゼロであり、最高ランクの安全性を誇ります。水性で臭いがほとんどないので安心してお使いいただけます。

また漆喰壁・壁紙(ビニールクロス)の上にも塗れるので気軽にご自分のインテリアに色を取り入れて楽しめます。

farrow#9

リネンバードベースメントではファロー&ボールのペイントを取り扱っております。

塗り方のコツや道具の選び方、養生の仕方、カラーセレクトなどのご相談も承りますので遠慮なくお問い合わせ

ください。

 

リネンバードベースメント

営業時間 10:30-19:00 水曜定休

東京都世田谷区玉川3-12-11 B1F

TEL 03-5797-5517